マタニティ

出産を考えるときに、総合病院の産婦人科で産むのか、助産院などでなるべく自然な形で産みたいのか、という選択肢があると思います。
総合病院の産婦人科での出産は出産時のトラブルに迅速に対応できるということと、無痛分娩に対応している病院も多いというのが強みでしょう。
また、そもそも持病のある方(たとえば糖尿病や、甲状腺の病気など)は、リスク出産にあたりますので、総合病院でモニタリングをしながらの妊娠になるため、必然的に総合病院の選択になります。
助産院での出産は、なるべく自然な状態で産みたいという希望の方、産むということに対して自立した考えを持っている方などが向いています。
助産院とは、医師がおらず、助産師さんだけの分娩施設になるため、陣痛促進剤などの医療行為は行いません。
ですが、そもそもお産とは病気ではなく、女性には子供を自然な形で産む力が備わっていると考えれば、女性本来の力を引き出してくれる形の出産と言えるのではと思います。

ちなみに助産院は、大きな病院の産婦人科と提携していますので、トラブルがあった場合なども対応してくれます。
また、水中出産やフリースタイルでの分娩、ソフロロジーを希望されている方など、産むことに能動的なこだわりのある方も向いていると言えるでしょう。
産むということの形が多岐に渡る昨今ですから、総合病院の産婦人科が良いのか、自宅で家族に囲まれて産むのか、助産院で助産師さん達と協力しながら産むのか、自分の納得できる理想のバースプランをとことん考えてみると良いでしょう。

結婚後、1年以内に8割の方が出産すると言われていますが、妊娠している自覚症状と言えば月経の遅れがあります。
予定日から2週間が過ぎてもこないようなら産婦人科へ行くべきです。
ただし女性の体はとても敏感で環境の変化や精神的な出来事があったりすると無月経になったり遅れたりするものです。
なかには生理不順で月経周期が長かったりして妊娠して月経が止まったのに気づかないケースもあります。
妊娠の場合のつわりの症状は朝起きた時やお腹がすいた時に吐き気やムカムカが強くなったり、特に便秘症の方はひどい傾向があるそうです。
個人差はあるようですが一般的には妊娠してから2~3か月に起こり4か月頃には無くなるようです。
妊娠しているか確認する為には自分でできる尿検査がありますが、これは薬局で販売している薬を使って判断できます、産婦人科で行う尿検査と同じですが2週間ぐらい月経が遅れてから判定するものです。
妊娠とわかれば出産予定日を産婦人科、又は助産院で教えてくれますが、計算法としたら月経周期が28日の人は、最終月経の第一日に280日を加えた日が出産予定日になります。

どんな出産をしたいかで産婦人科か助産院を決めなければいけませ。
施設はそれぞれに長所短所がありますからよく検討する必要があります。
個人病院や助産院だときめ細かな診断や指導で納得のサービスが受けられます。
又、妊婦さんに産婦人科以外の合併症などがある場合は助産院ではなく総合病院の方が好いと思います。

気持ちよさそう

赤ちゃんができ出産を考えた場合、多くの人は産婦人科での出産を考えます。
産婦人科で産むのが普通であり、安心だからという考えがあるからですが、助産院で産むという方法もあります。
助産院は、助産師が営む施設で、助産師の家に来たかのような雰囲気の施設が多くみられます。
出産スタイルも妊婦の希望に沿い、自由なスタイルで出産でき、父親だけでなく、生まれてくる赤ちゃんのお兄ちゃんや、お姉ちゃんも立ち会う事が出来ます。
産婦人科に比べて助産師が付き添ってくれる時間が長く、事前に訪れる陣痛を待ちます。
投薬や、会陰切開はせず、本来持つ女性の力で赤ちゃんが生まれてくる方法を取るのが助産院のスタイルです。
退院まで母子同室を基本とし、細かいルールを設けていない所が多くなっています。

しかし、誰もが助産院で出産できるとは限らないのが現状です。
それは、助産師が産婦人科医と違い、緊急時以外の医療行為を禁じているためです。
その為、条件があるのも事実です。
自然妊娠で、さらに過去の分娩が正常だった方、逆子ではない、双生児ではない事、合併症が無い事、胎盤の位置が正常なことなど、健康な分娩が求められます。
問題があった時は提携している病院へ搬送されますが、確認を取る事は大切です。
助産院を選ぶ際は、自分がここで産みたいと心から感じられるかどうかです。
妊娠中のケア、退院後のケアも含て出産は助産師との信頼関係が必要です。
不安のない出産を迎えるためにも、助産師とよく話し合うことが重要です。

オススメリンク

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2014年8月
« 7月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031